--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信州平谷ツー

2012年08月04日 23:46

久々にツーリングへ行ってみた。

7月はなんやかんやで梅雨だったんだな。。週末だけ雨とか結構あったもんなぁ


で、信州平谷へ。

とりあえずは道の駅、信州平谷のヒマワリ畑へ向かったものの・・・

咲いておらず!


夏ぴあに7月下旬から8月中旬てかいてあるじゃん!とか思いつつ近場の平谷大滝に向かうことに。

平谷前の153をすぐ側道に入れば看板もあって割とすぐわかる場所。 

滝へ向かう途中からすでに木陰は涼しく、川辺りはクーラー効かせたみたい。

滝は結構大きくて説明によると落差3メートルらしい。 滝つぼには近づけないほどごつごつした岩があるので

迫力もあったなー



道に関しては名古屋から平谷までは153号をたどる変哲もないルート。

初夏や春に比べると交通量は少なめになってるけどすぐに前の車両に追いついてペースがコントロールしにくい。。

ところどころ片側2車線や追い越せるスポットがあるからある程度は自分なりに走れるけど、ネズミ捕りもいるから油断はできないな^^;

前1度mixiのツーリングで連れて行ってもらったときは一車線しかない狭い道ながらも結構なクネクネを楽しめるルートを選んでいたので地図見る限りでも周辺には割とそういう回り道もあるし今度は試してみたい。

そのご東方向へ、平谷新野千石平を目指して418号を進むと、この道は面白い。

交通量も少なく、平谷峠って名前があるとおり結構なワインディング。下り方向しか走ってないけど、勾配が結構あるのでシフトチョイスやスロットルワークは250だと忙しめかも。

しかし道中見晴らしのいい駐車場(3台分)で休憩したりできるし、舗装もいいので楽しく走れる。

後半(東側)にヘアピンがいくつかあるので注意かな。下りでスピードのって久々にバンクセンサーすってまった^^;


グルメは平谷に関してはそこまで名物ってのは目に留まらなかったかな。平谷も新野もトウモロコシ押しだったけど。 トウモロコシソフトクリームは普通に甘くておいしいけど、トウモロコシかどうかはわからなかった(笑

後はソースカツどんはやっぱある感じ。

平谷峠あたりはまだ面白そうな道もありそうだしまた行ってみようかな。 今までかなり遠いイメージがあったけど、最短だと100kmもないんだ。シーズンにもよると思うけど、早ければ2.5時間はかからないし気軽にいけそう。


今回気づいたのは、153を名古屋へ帰ってくるとき、途中の追分で39号の足助街道で戻ったほうが多少早い気がする。 今まではどっちも結局混むイメージだったものの、足助のがなんかストレスが少なく感じたので^^;たまたまかもしれないけど。。

ナビ導入 Ver nav-u 取り付け編

2012年06月24日 20:17

前回でナビの購入からマウントのセッティングまででしたが今回はNinjaに取り付けです。

P1080571.jpg

セットは組み立てたサインハウスのパーツ。まぁ、ボール部分をはめてねじ手で回すだけなのでそれは難しくない。

当り前の手順といえばそうだけど、Aパーツ以外ロクな説明書もなかったのは気になるな^^;まぁいいか(笑

そいやAパーツのセットにもおそらくクレードルに付けてストラップ通すための穴を作るパーツと両面なので張る前に面を拭くであろうアルコールシートがついていた。 

これは何も説明もなく初めはマジでなにかわからなかった^^; 結局使わないですが。

そして写真中央のストラップ。これは片方が普通に紐でくくりつけるタイプ、ナスカンがついているので取り外しも割と容易。 反対側はカラビナがついているので着脱に使いやすそう。

おそらくさっきのストラップ穴を作るパーツに通して、カラビナ側をバイクにくくることで落下防止なんでしょうな。

クレードルの落下危険については特に考えず・・このマウント付属のストラップはナビに直接取り付け。

バイク装着時にはハンドルか何かにカラビナでくくりつけて使う予定。もし根元から落ちてもナビ繋がってれば落ちないだろうし、クレードルにも電源コードが一応はついてるからよっぽど大丈夫だと思うがね~


てことで、本題。

とりあえずハンドルマウントベースは3mmのヘックスで固定なので外してハンドルへとアクセス。

狭いな~。入らん。 ってか取り付けのクリアランスは全然足りてるんだが、コードがキツキツすぎてマウントがハンドルに取り付かない^;


P1080572.jpg


とりあえず10mmレンチにてスイッチボックスを緩め移動・回転させてもなかなかスルっとは行かないので

なんか根元にくっついてるコネクタもはずす。この状態でいい隙間を見つけて無理やりねじ込めば何とか入ります。

後は適当に角度なりを調節してヘックスをしめこむだけ。

ってか・・・ハンドル径が合わないのか・・?微妙に円が浮いているのはあえてピッタリには作っていないのかな

微妙にクランプのが小さい感じです。 サイズは22mmだけどもう一つ上の1inch?

でもそれだと2mmくらい直径広がるからそれだとスカスカかもしれんな^^; それよりはつくならいいか

P1080573_20120623234023.jpg


想像より思ったより手前に来るが・・割といい感じです。

外したコネクタを取り付けてスイッチボックスのしめなおしをしたら大体完了ですね。 

右ハンドルだとブレーキマスターがあるんで完全にムリですね。

80mmのアームで一応ナビ自体はほぼ中央付近まで来てる感じです。

自分に近めですけど、走行中もそれほど視線を動かさなくても確認できそう。

お酒飲んだ後で作業したので試運転はできませんでしたが、高速走行でかなり上体を伏せるとナビが邪魔か、もしくは視界が制限される可能性があるくらい。

P1080574.jpg

電源はすでについてるシガソケから給電。アクセONで給電はじまると自動で電源オンなんだね。すげぇ(笑

しかもキーオフで自動でナビもおちる!

屋外での印象では少しバックライトが明るさ足りないかもしれないな~

夕方だったから何とも言えないケド、給電中は最大輝度UPとかあってもいいと思うんだが実際どのくらいかわからんな


また後日近場でも試しに使ってみます。

ナビ導入 Ver nav-u

2012年06月23日 21:08

さて・・ついに買ってしまった。sonyのナヴユー

ニンジャ購入当初から構想(妄想)していたうちのひとつでしっかりした(?)ナビの導入です。

P1080566.jpg

じゃん。

過去に記事書いたけど、今まではPSPにGPSレーダーつけてみんナビを使いタンクバックに入れるという環境。

しかしPSPではやはりGPS精度や動作安定度に難があり、炎天下では夏でなくとも熱暴走により使い物にならない始末・・・

ということでどうせあれば車でも使えるし的なノリで専用機を購入。


皆さん色々ナビ購入には基準があるみたいですが、俺の場合は完全にBluetoothの有無!

まぁ、今後B+COMをヘルメットに導入することを見越してです。後は値段ですね。

バイク用を作っているメーカーのは結構ブルートゥースで防振や防水機能とかあるけど・・・何せお高い^^;

なんだかんだ屋外炎天下だと専用設計でも何があるかわからないし、壊れたときにダメージ少ないほうがいいかなと。 家電量販店だとバイトしてたのもあって長期保証がオイシイのもわかったし(笑


ついでに現行のNV-U77Vは、このモデルになったのが去年だが今購入すると2012年春時点での地図データが無料で手に入るとのことでそれも決めてかな。配布は11月からのようですが、名古屋市民としては名二環の有無が非常に気になる。。。

一部でも入っているのならオイシイ更新データだ。


さて、ナビはそうとしてマウントは高級で有名なサインハウスのシステムで使用することに。

ソニーナビ専用のマウントがあるということでWebikeにて購入。

知られているとは思うがサインハウスは

ナビなど目的機器をマウントするAパーツ

AとCをつなぐアームのBパーツ

バイクに固定するCパーツからなる。


P1080567.jpg


バイク固定方法は色々あるみたいだがNinja250Rの場合、ハンドルクランプかタンクねじクランプの二択なのかな。

中央に固定したいからステムホールマウントがしたいが、Ninja250Rはステムボルトなので使うことはできないみたいだ。。残念

まずAパーツはナヴユー専用はA-25というもの。

Webikeでは対応機種が旧機種のNV-U75VとなっているがサインハウスのサイトではしっかりU77も対応と更新されている。

もちろんU76もオッケーみたい。

続いてBパーツで選んだのはB-4。 これは接続部の玉の大きさでM5シリーズとM8シリーズになっているが

ナビのような重量級のマウントにはより強力なM8シリーズなのでB-4、B-6、B-7のいずれか。

後で気づいたがB-4とB-6は同じ80mmの長さ。 B-7が66mmと短め。

長い物がよかったのでB-4にしたがB-6はデザインが違うだけ?で少し安め。謎だけどB4のが個人的に好きなのでまぁよし。

そしてバイク側はハンドルマウントのC-22。ハンドル径は22mmなので(と思って)C-13でも良いが、C-22のがよりスリムな商品なのでセパハンのニンジャにはC-22がいいと思う。


とりあえず組み立てるわけで。。。

さて。問題なのはAパーツ。ナビ固定方法はナビ付属のクレードルを利用する方法。

ちなみに組み立てから取り付けまで使用した工具は以下でした。


・#1、#2プラスドライバー
・マイナス精密ドライバー数本
・3mmヘックスレンチ
・10mmレンチ


クレードルは車のダッシュボードに吸盤で張りつけるものなので、まずは吸盤を外す。

A-25には写真付き解説がついているのでやり方がわからないということはまずない。。。が!

外せん!^^; 吸盤を外すには吸盤をめくりながら裏に隠れているキャップの爪を外す・・と解説には書いてあるが

かなりせまく硬い。。というか爪を外した後キャップが外れないっていうね。

現物見てもらわないと分かりにくい話ですが。。とりあえず外しづらいねじをカバーするキャップをはずします。

ここは大き目の精密ドライバーで爪を外し、小さめの精密ドライバーで押しこんで外せるようにもっていきました。 最後は表から隙間にドライバー差し込んで無理やりやりましたが・・・一本爪折れました^^;

「外せ」とある爪以外に2本の爪が引っ掛かっているので真上に引っ張らないと折れます。注意。

これさえ外れれば中のネジはすぐに取れ、吸盤とクレードル本体が分離します。

あとは微妙に分かりにくい解説の写真と表裏を照らし合わせながら付属のパーツにてマウントと固定。

なんかカッチリとはいかず微妙にガタがあるっちゃあるもののそれほど気にはならないかな。

ネジは元々一本のところを3本固定になるのでそれほど心配もなさそう。



珍しく長くなりそうなので一旦記事を切りますか。。。次に取り付け編を。


あ、ナヴユーはクレードルがないと付属のシガソケ電源や付属機能であるFM-Vicsの取り付けができないので

もしタンクバックだとかポーチタイプのマウント、本体をカニタイプでマウントするときは注意ですね。その点を考えるとサインハウス製はナイスだと思います。 付属USBケーブルなら本体接続で給電はできるんですが。

P1080571.jpg

1万キロを迎えて。燃費を見てみる

2012年06月17日 22:19

先日、ツーリング中についにNinja250Rが1万キロを迎えたということで。

今まで新車購入から2年半の道のりについて燃費を中心に少しまとめ

燃費10000



平均燃費:26.546km/ℓ
給油回数:34回
給油金額:49054円
総給油量:369.6ℓ


って感じ

吸排気系をいじっておらず基本ノーマル車としては他のニンジャ乗りと比べて燃費が悪い気がする。

スリップオンくらい入ってる雰囲気の数値だ。。。

まぁ、ツーリングメインとはいえ名古屋市内や豊田市内を通過するときは非常に燃費の悪い感じの街乗りになるから

仕方ないか~。

グラフ見る限りはほぼ平均燃費でまとまっているから車体にも特に変化は無いだろうな

期間の割にデータ点が少ないから季節の影響ってのもここからじゃほとんどわからないな・・

1年目は夏から冬に向けて徐々に良くなっている感じはするが新車のアタリが取れてきたとも言えるからなぁ^^;



ま、今後も吸排気含め色々いじったりしていくつもりだけどよろしく頼むぜ~相棒さんよ。

会社の配属で生技みたいな通勤に車が必要にならなければしばらく自動車買わんつもりだから!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。